2009年2月20日金曜日

古神道行法実習研究

【告知文】05/16(土)古神道行法実習研究in銀座より転載
場所■銀座区民館 和室
時間■18:00開始21:00終了
(※実習ですので、途中入場の人への対応が難しい場合があります。遅刻厳禁でお願いします。終了後の懇親会からの参加はアリです)

今回の会場は広めの和室なので、ただの講釈をきく会ではなく、なにか実演・実習的なものを、ということで、古神道の行法を体験してみます。
世間では、こういうの何万円も取って教えてる先生が何人もいるらしいですが、うちはタダです。
もっとも、教えるというよりは一緒に考えながらやってみる、という方向ですが。

神伝禊法・水滌祓厳法・息吹永世・真澄気吹・天津微手振・布瑠部鎮魂・関口流大祓行・田中流鎮魂法・本田流鎮魂法などから、璽霊祀(自霊拝)・太陽礼拝・国民儀礼・手かざし療法・遠当ての術に至るまで(あげくのはては薔薇十字にカバラなども?)、ふんだんに取り揃えておりますが、時間の都合で全部はできません。
何を取り上げるかは実際に集まったきた人々の顔ぶれによって決めたいと思います。

※時間的または施設的または霊的な制約により、本格的に体験できるものと模擬的・擬似的にしかできないものとがあり得ます。
※当日は内容が大幅に変更になる可能性があります(例えば、参加者の希望によっては鬱対策に特化した内容になったり、顔ぶれによっては「いんちき古神道業界裏話」に当日のテーマが変更されたり、霊的な事情によっては、ひたすら瞑想する会になったり、ただの雑談会になったり等)
※霊的な都合により、霊的にやばそうな人は入場を拒否させていただく場合がございます。予め霊的に御了承下さい。