2007年7月20日金曜日

06/07(土)古事記を読む会vol.11

(http://8809.teacup.com/imperial/bbs/100より転載)
---------------
(無題)  投稿者:しか  投稿日:2008年 5月24日(土)22時32分51秒

06/07(土)古事記を読む会vol.11

場所/ 「ちどりの巣」(JR池袋駅北口ロマンス通り西形ビル6F・1Fはやきとん「千登利」)
時間/正午開場、午後1時開会

「古事記」の読み下し文の購読・解説。皇位の男系継承保持の必要性について認識を深めることをめざしつつ、国文学・歴史学などの方面はいうまでもなく、人類学・神秘主義(神道霊学等)・政治思想・世界史・國體論などあらゆる観点からの見方を提示します。

1)今回のメインテーマは「夢」です。「美和の大物主の話」や「沙本毘古の反乱の話」を中心に、第10代崇神・第11代垂仁両帝のあたりを読みます。その上で、心理学や神秘主義の観点から、神道霊学もからめつつ議論します。

2)またサブテーマとして、以下のようなものを考えています。
φ 魏志倭人伝の解釈(普通に邪馬台国論)
φ かつての邪馬台国ブームとその論争内容の現代社会心理的意義
φ 「海幸山幸」伝説と雄略紀「浦島子」伝説からみる異界訪問(民俗学ではなく心霊現象として)
φ 聖婚制(形式的な結婚。仁徳記の八田若郎女と允恭紀の衣通郎姫を題材に)
以上どれになるか未定。どれでもなくまったく別のテーマになるかも知れません。また上記の1)だけになることもあります。あらかじめご了承ください。

今回は、昨年から10回にわたって催してきた「古事記を読む会」の第11回にあたります。
過去の内容の詳細は↓をご覧ください。
http://kokutai.blogspot.com/2007/12/blog-post.html

※おそれながら参加料として各500円いただきます(身分と立場により差別あり)。
※左翼・女系派・社会主義者・日猶同祖説や竹内文献の信者・邪馬台国オタクは参加できません。
※お茶でもアルコールでも菓子でもコンビ二弁当でも、飲食物の持ち込みは自由です。
※夕方適当な時間からアルコールタイムとなります(参加費とは別に適宜飲食代がかかります)。
※アルコールタイムは今回の研究テーマについてしらふとは違った角度からの着想を自由に議論しあうものであくまで学習会の継続です。ただ飲みたいだけ・宴会したいだけの人、無関係な話題でしゃべりたいだけの人は参加お断りです。

お願い■角川文庫本の「古事記」をおもちの方は持参してください。おもちでない方はわざわざ買わずに、手ぶらでかまいません(資料を配布します。新規にお買い求めになられる場合は、岩波文庫や講談社学術文庫よりも角川文庫を推奨)

※待ち合わせ連絡用/オフ会当日専用伝言板(PCと携帯の両方に対応)
http://ip.tosp.co.jp/DG/TosDG100.asp?I=i9dai&P=0