2007年7月20日金曜日

おまけ企画02「古事記を読む会2」07/05/26【告知&レポ】

【告知文】
5月26日(土)「朝香宮家の研究」&「古事記を読む会」のお知らせ
投稿者:皇室と日本を考える
投稿日:2007年 5月19日(土)17時22分18秒

当会の六月のお知らせの中にある、5月26日(土)の企画内容です。

オプションイベント「朝香宮家の研究」&「古事記を読む会」

内容■5月26日(土)は、6月2日(土)の朝香宮邸訪問の予習編として、「朝香宮家」の歴史と、その家風や特徴、また朝香宮にまつわる方々についての基礎知識などの解説をやります。時間があまったら、前回に好評だった古事記の購読の続きを。(内容などは前回のレポを参照)。また最後に今後の企画について簡単な意見交換をやるかも知れません。興味ある方はぜひ当日ご意見などお寄せください。

日時■2667年05月26日(土)集合:午後1時30分/終了:遅くても午後4時前後(±30分くらい)

場所■上野「グリーンサロン」で集合(JR上野駅上野公園口でて目の前の上野公園に入ってすぐ右)
http://www.freespot.com/tankentai/16.html
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/restaurant038.html
集合後、近所の別の店に移動(ひょっとしてもしらしたらそのままその場所でやるかも)

※お店のお茶代以外の参加費などは無料です。

※このイベントは下記↓の06月02日(土)開催のイベント「朝香宮邸宅訪問@大正シック」のオプションイベントですが、これとそれと、どちらか一方だけの参加でも歓迎です。
(mixiでの告知)http://mixi.jp/view_event.pl?id=18517393&comm_id=334458
(2chでの告知)http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1166609691/307
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(※この企画は、御蔭様をもちまして無事に終了しました。5月27日記)
http://nihon.lar.jp/kojiki01.html

【レポ文】
第二回 古事記を読む会 主宰者レポート

[オプション企画・朝香宮の研究&古事記を読む会/5月26日(土)]
(この内容の告知はhttp://8809.teacup.com/imperial/bbsにあります)

今回は6月2日(土)の本イベントにのぞむにあたり、5月26日(土)にオプション企画を設け、予習として朝香宮家についての詳細な研究発表および討論をおこないました(この内容の告知はhttp://8809.teacup.com/imperial/bbsにあります)。貴重な情報をまとめた詳細な特製レジュメが配布され、朝香宮家の由来、皇位継承順位、現在の皇室との血のつながり等を他の旧宮家と比較し、さらにカトリック信仰や本イベントで訪問する邸宅のアールデコ様式などフランスとの関わり、そしていわゆる南京事件との関係など、多面的に朝香宮鳩彦王の人物研究と家系の特徴・家風を考察し、皇籍復帰の諸条件や可能性について討論しました。
時間が余ったので後半は、前回の「古事記を読む会」の続きとして、記紀の時代の「宮家」ともいうべき継体天皇の祖先の家系の、発祥の物語として応神天皇の皇子たちの部分を購読しました。
応神天皇が三人の皇子に役割分担を命じた理由と当時の政治事情、それが実現しなかったのは「儒教」の影響であること、それによって皇位を継ぐべき人の血筋が絶え、新たな皇胤に移ったこと、応神記の末尾に挿入されている神話が現実の兄弟争いを反映していること、その神話の神である阿加流比売神が祀られていた場所が、継体天皇の祖先である杙俣長日子命の住んでいた所と同じであり、継体天皇の家系に当初から特別資されていたこと等の解説がありました。